上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

城を噛ませた男 (光文社時代小説文庫)




内容(「BOOK」データベースより)

「奴に城を取らせる。そして俺は国を取る。」乱世に雄飛するため、希代の謀略家・真田昌幸が仕組んだ秘策とは?(表題作)強大な豊臣水軍を前に、城に篭もる鯨取りの親方が仕掛けた驚愕の大反撃!(「鯨のくる城」)戦国の世、大勢力がふづかる狭間で、ある者は平身低頭し、ある者は乾坤一擲の勝負に出る。生き残りをかけ、なりふり構わず戦う人間を熱く描いた渾身作全五編!



伊東作品、これで2冊目となる。
読みやすいし、中々面白い。

2015.09.14 Mon l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

霖雨 (PHP文芸文庫)




内容紹介

天領の豊後日田で、私塾・咸宜園(かんぎえん)を主宰する広瀬淡窓(たんそう)と、家業を継いだ弟・久兵衛。画期的な教育方針を打ち出す淡窓へも、商人としてひたむきに生きる久兵衛へも、お上の執拗な嫌がらせが続く。
大塩平八郎の乱が起きるなど、時代の大きなうねりの中で、権力の横暴に耐え、清冽な生き方を貫こうとする広瀬兄弟。
理不尽なことが身に降りかかろうとも、諦めず、凛として生きることの大切さを切々と訴えた歴史長編。



久しぶりの葉室作品、やはりいいね。
小説の末裔が知事とは知らなかったな。

2015.09.14 Mon l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

王になろうとした男



内容(「BOOK」データベースより)

現在最も注目を浴びる気鋭の歴史小説家が描く織田家をとりまく異色の人々、毛利新助、原田直政、津田信澄、彌介など。


はじめての伊東作品を読む、中々だ。
もう少し他の作品も読んでみた気にさせる。

2015.08.27 Thu l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

武家用心集 (集英社文庫)




内容紹介
第10回中山義秀文学賞受賞、傑作時代小説集。
藩内の政争や肉親のしがらみ、世間のうわさや嫉妬、身にかかる諸々のなか、生きる上で一番大切なのは何か。己を見失うことなく生きようとする人間を、静謐な文章で描きだす8編。(解説・島内景二)

内容(「BOOK」データベースより)
不自由な武家社会の中で、不測の事態を切り抜けてゆく人々を描く小説集。郡奉行の一人だった半右衛門は罪を犯した友人の逃亡を助けたために罰を受ける。その後の不遇と人間不信から立ち直る男を描く「田蔵田半右衛門」、種痘術を学び国元に戻った青年医師が、将来を約束していた女性の変貌と向き合う「向椿山」など、いずれも繊細な言葉と、静謐な筆致で紡ぐ短編八編を収録


乙川作品、さすがと言える短編ばかり。
2015.08.27 Thu l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

新装版 おれは権現 (講談社文庫)




内容(「BOOK」データベースより)

戦国時代、それは苛酷残酷な時代であると同時に、気宇壮大な時代でもある。だからこそ、常識を常識とせず、天衣無縫、奇想天外に生涯を送る人物が輩出したのだ。超人的武勇の裏の意外な臆心、度はずれに呑気な神経の持ち主のじつは繊細な真情。戦国時代人の剛毅闊達にして人間味あふれる短編7編を収録。



あまり司馬遼太郎を読んでないので、、読んでみた。

2015.08.18 Tue l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。