上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

龍馬史 (文春文庫)



内容紹介
坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は誰か? 幕末最大のミステリーに気鋭の歴史家・磯田道史氏が挑みました。新撰組か紀州藩か、はたまた薩摩藩か? 様々な説が唱えられてきましたが、史料の丹念な読解と巧みな推理によって、ついに謎が解かれました。論争に終止符を打つ画期的論考です。
「龍馬は一日にしてならず」。合理的でカラっとした性格、そして既成の枠にとらわれない自由な発想。そんな龍馬を生み出したのは、お金で武士の身分を買った土佐の豪商の家でした。坂本龍馬という破格の人物が出現した背景にも迫ります。


内容(「BOOK」データベースより)
明るくて合理的、自由で行動的。貿易を行い、戦争もする「海軍」として、亀山社中を創設し、薩長同盟を実現させた坂本龍馬は土佐藩で、どのように育まれたのか?どんな世界を見ていたのか?誰に暗殺されたのか?龍馬をめぐる数々の謎に歴史家の磯田道史が挑んだ。龍馬を知れば、幕末が見えてくる。


残されていた龍馬の手紙から、龍馬の様々な性格などが浮き彫りにされ興味深い。
読んでいるのと同時期にテレビでお龍の番組が重なったのは偶然か。
歴史秘話ヒストリア
小説とは違うが、面白さは小説にも引けは取らない本だ。


スポンサーサイト
2013.11.29 Fri l 書籍 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
読みました!
小説よりおもしろいかも。
2013.12.02 Mon l こはる. URL l 編集
Re: No title
> 読みました!
> 小説よりおもしろいかも。

こはるさん
ほんとうにそうですよね。
また筆者の文章が分かりやすくて、読みやすいですね。

2013.12.04 Wed l lastwaltz06. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://bookface.blog.fc2.com/tb.php/234-bf43970f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。