上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

四十八人目の忠臣



内容(「BOOK」データベースより)
愛する磯貝十郎左衛門と浪士たちのため、討ち入りを影から助け、その後、浪士の遺族の赦免、赤穂浅野家再興を目指し、将軍家に近づいた実在の女性。浪士と将軍に愛された女性。


毎年年末が近づくと、どこかで赤穂浪士が演じられる。
それ以外にも、外伝と言うべきようなものも見受けられるがその一つ。
女性の視点からの忠臣蔵だが、物語の面白さ、緻密さは抜群。

所謂忠臣蔵といえば、美談とされているがよくよく考えてみれば
そもそも浅野の殿様が刃傷沙汰など起こさなければ、これほど大量の
犠牲者を出さなくて済んだんではないかと思ってしまう。
バカなトップを持った不幸は今も昔も同じことだろうな。

スポンサーサイト
2012.10.28 Sun l 書籍 l コメント (0) トラックバック (1) l top

吾、器に過ぎたるか




出版社/著者からの内容紹介
大原幽学、無念の生涯
農民に道を説き、寒村を再興させた幽学は、八州廻りに因縁をつけられ、人生をねじ曲げられた。
幽学は、「自分のおこないを正しくする、そうすれば身を過(あやま)たずにすむ」と教えてきた。そのために自ら淫犯、飲酒、遊楽を厳しく戒め、門人の範となってきた。その晩年に思いも寄らぬ蹉跌がおとずれる。


八州廻りによる冤罪、と言うよりも保身のために無理やり罪を作られた話。
時代は違っても、ある種似たような話は現代でも権力によって作られる(作られた)危険性は十分ある話。

2012.10.23 Tue l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top

武将列伝 (信州歴史時代小説傑作集 第 1巻)武将列伝 (信州歴史時代小説傑作集 第 1巻)
(2007/04/25)
井上 靖/清水 義範/柴田 錬三郎/檀 一雄/戸部 新十郎/佐藤 春夫/新田 次郎/中村 彰彦/南條 範夫/安西 篤子/池波 正太郎/司馬 遼太郎/南原 幹雄

商品詳細を見る

信州をテーマにした時代小説集とでも言おうか。
14人の作家の作品が集められている。
第1巻とあるように、このシリーズは5巻まで発売されている(ようだ)
ある意味1冊で色々な作家の作品に触れられる点では面白い。


2012.10.19 Fri l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たそがれ清兵衛 [Blu-ray]たそがれ清兵衛 [Blu-ray]
(2010/12/23)
真田広之、宮沢りえ 他

商品詳細を見る

先日テレビで放映されていた。
忘れていたが以前に一度見ているが、またみても良かった。
エンディングが井上陽水だったのはすっかり忘れていたが。
この作品などは、まさに藤沢作品の典型のような気がする。

だが、映画は原作とかなり違うのでそのあたりをどうとらえるか。
映画を観たらできれば原作も読んでみて欲しい作品だ。

2012.10.15 Mon l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top

柳生黙示録



内容(「BOOK」データベースより)
寛永十四年、異国にて客死したはずの高山右近が突如帰国した。異形のキリシタン忍法を操る神聖ハポン騎士団が右近を襲撃するも、柳生十兵衛の豪剣が辛くもこれを阻む。やがて十兵衛の前に現れた美少年・天草四郎の正体に十兵衛は驚愕する!荒山流“柳生伝奇”の最高傑作。


いやはや、何でもアリ的な展開について行けない。
おもしろいと言えば面白いのだが、、。

2012.10.09 Tue l 書籍 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。