上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

十三人の刺客 通常版 [DVD]



商品の説明
【ストーリー】江戸時代末期。明石藩江戸家老・間宮(内野聖陽)が、老中・土井家の門前で切腹自害した。間宮の死は、生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す、明石藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりを訴えるものだった。斉韶は将軍・家慶の弟で、明年には老中への就任が決まっている。この事件は時の幕閣を動揺させる。このままでは幕府、ひいては国の存亡に関わると判断した土井(平 幹二朗)は斉韶暗殺を決断、御目付役・島田新左衛門(役所広司)にその命を下した。【キャスト】役所広司 山田孝之 伊勢谷友介 伊原剛志 松方弘樹 / 稲垣吾郎 市村正親【スタッフ】監督:三池崇史原作:池宮彰一郎脚本:天願大介音楽:遠藤浩二 1963年公開の同名映画を三池崇史監督がリメイク。暴君である明石藩主、松平斉韶の暗殺を命じられた島田新左衛門ら13人の戦いを描く。主演の役所広司を筆頭に、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華な俳優陣が繰り広げるラストの壮絶な死闘は圧巻。(CDジャーナル データベースより)


以前、映画館でも見たが今回二度目だ。
以前観た時は後半のアクションシーンばかりが印象にあったが、改めて観ると
やはり面白い、特に稲垣五郎の暴君ぶりは堂に入っている。
機会があれば原作を読んでみる気になった。
スポンサーサイト
2013.06.26 Wed l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top

雨あがる [DVD]



内容紹介
“太陽が沈んだ”とその死を世界中から惜しまれた偉大な監督、黒澤明。その黒澤明が最後まで映画化を熱望していた企画が『雨あがる』。
この幻の企画を、28年間助監督として黒澤明に師事した小泉堯史『博士の愛した数式』『明日への遺言』初監督作品。思わず涙がこぼれる、温かい感動作!


確か以前に観たようなうっすらとした記憶が甦った。
改めて観て良かった。寺尾聡もいいが、それにもまして宮崎美子がいい味出してる
観終わってほっこりとしたものが残る作品だった。

2013.06.11 Tue l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top
たそがれ清兵衛 [Blu-ray]たそがれ清兵衛 [Blu-ray]
(2010/12/23)
真田広之、宮沢りえ 他

商品詳細を見る

先日テレビで放映されていた。
忘れていたが以前に一度見ているが、またみても良かった。
エンディングが井上陽水だったのはすっかり忘れていたが。
この作品などは、まさに藤沢作品の典型のような気がする。

だが、映画は原作とかなり違うのでそのあたりをどうとらえるか。
映画を観たらできれば原作も読んでみて欲しい作品だ。

2012.10.15 Mon l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日放映された「蝉しぐれ」を一挙に見た。
3日分だったので半日仕事になってしまったが、途中で休むとついそのままのなりそうだったので。
2007年の放映の再放送、どうりで主役牧文四郎役の内野聖陽が若く感じる。
当初は7回の放映だったようだが、3回の放映に。
蝉しぐれ (文春文庫)蝉しぐれ (文春文庫)
(1991/07)
藤沢 周平

商品詳細を見る

原作は藤沢周平で、その中でも特に秀作の一品である。
以前から見たいと思っていたので、大変満足の半日だった。



2012.07.11 Wed l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top
壬生義士伝 [Blu-ray]壬生義士伝 [Blu-ray]
(2011/04/27)
中井貴一、佐藤浩市 他

商品詳細を見る


BSで先日やっていたのを見た。
小説からすれば私の吉村貫一郎のイメージはもう少し小太りしたイメージだった。
でも中井貴一もなかなか良かった、好演だった。
2003年の作品だったのか、できれば映画館で見たかった。
お勧めの作品である。

2012.06.06 Wed l 映画(DVD) l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。